【ラオ記2】ラオお料理教室

2015.08.09 Sunday |  L 2015 ラオス

ルアンパバーンと言えば、 まずお寺関係を紹介するのかなーと思いますが、
定型は無視して、お料理教室のお話。

カンボジアのアンコールワットで初体験したお料理教室。
これがなんだか楽しかったので、ルアンパバーンでも参加。
夜のコース20USDに行きました。

選んだのは、レストランがやっているお料理教室。
会場はレストランの厨房ではもちろんなく、
裏手にある家庭科教室のようなところで行います。

2時間くらいとあらかじめ決まっているので、 サクッと取りかかれてよいです。

(アンコールワットのは、 ダラダラと終わらなくてちょっと疲れた)

こちらのお教室は、 最初に先生が4品チャッチャと作って見せてくれます。



お料理番組みたいに、食材がセットしてあるので、

あとは切って炒めて、混ぜて、出来上がり!

ってなもんです。



ラオスの伝統的家庭料理ばっかりで、どれもシンプル& 作るの簡単。

先生の見本の中から、好きな2品を実際に作ります。

私たちは、「ラープ」と「パナンガイ」にしました。

ラープは、豚肉を炒めたのに、 レモングラスやバナナの花などを混ぜ混ぜして、
野菜をいろいろ入れたサラダみたいなの。
ライムを搾って、おいしいー。

「パナンガイ」は豚肉と鶏肉をココナッツミルクで煮込んだ感じ。
辛くないカレーのよう。

さぁ。あとは皆さんで作ってね!と言われ、ほとんど放置!
(質問すればおしえてくれるし、もたもたしてたら助けてくれる)

渡されたレシピ本を見ながら、食材をとってきて、作ります。

野菜を切るのが一番時間がかかる、というくらいシンプルな料理。
短い時間で作れて、忙しい主婦にも大助かりなメニューです。

で、完成したのがこちら!

左がラープ、右がパナンガイ。



んーー!昨日お店で食べたラープより、全然美味しい!

こちらの主食は白米ではなく、もち米。

もち米はちょっとでお腹いっぱいになってしまうけど、
美味しいおかずによく合って、大満足な夕飯でした。

そしてその後、 ラオアイスコーヒーが飲みたいというTさんの強い希望で、
街をウロウロ。


(写真は別の日、お店はいろいろあるんです)

なんか、西欧人に媚び過ぎじゃないの??ってくらい、

ラオっぽい食べ物や飲み物がなかなか見当たらない。。


やっと、客が一人もいなくて冴えない 感じのお店のメニューにあったので、
そこに入りました。

そこでラオアイスコーヒー2つ注文して、待つこと10分。

出てきたのは1つ。

ん??1つ?

少し待ってももう1つがこないので、 店の兄ちゃんに言いましたが。

ふつう、2人で店に入って、コーヒー1つなわけないじゃん?

変なの!

と思ったところでふと。

そういえばカオソーイ屋のおばちゃんも、
注文とってしばらくすると、もう一度、「Two?」 って再確認してきたなあ。

こちらは、 1つのものを2人でシェアするのが流行ってるんでしょうか。

ラブラブカップルじゃあるまいし、そんなわけないのにね。 変なの!

ちなみに、さえない店に勇気を持って入った私たちのおかげで、
しばらくすると店はどんどんテーブルがうまり、大繁盛。

入ってきたお客がシニア層ばかりだったのは、 私たちのせいではないと信じたいです。


【ラオ記 1】カオソーイ!

2015.08.02 Sunday |  L 2015 ラオス

サバイディー♪
7月の中旬に、ラオスの古都ルアンパバーンへ行ってきました。

雨季で超暑っついんだろうなあと思って行きましたが、
東京の暑さもかなりのもんなので、そんなに大変ではなかったです。
まあ、汗だくには違いないんですけど。

ルアンパバーンって何があるの?とよく聞かれるんですが、
何って、世界遺産の街で、、、
お寺があって、お坊さんが托鉢して、、、むにゃむにゃ。。

行ったらきっちりそのステキさを説明できるかなと思いましたが、
やはり、「なんかイイ!」としか言えませんw

田舎なので、高い建物や近代的なビルなどはなく、とってものどか。

でも、欧米の観光客から人気とあって、
外国人が気ままにすごすには、とてもちょうど良くできている。

そして、自然がいっぱい、ご飯がおいしい。物価が安い。

そんなとこでしょうか。(浅い感想??)



で、旅のレポート一回目は、美味しい麺類についてです。


なんと言ってもこちら、「カオソーイ」。
これが今回のナンバー1であります。

タイにもカオソーイがあるみたいですが、全然別物。

このカオソーイは、ベトナムのフォーみたいな感じで、
上に"究極の肉みそ"が乗っています。

トマトベースな感じで辛くはなく、甘辛の、日本人が絶対好きな味。

店によって、微妙に味が違うの。

ここに、別添の謎の葉っぱセットがついてくるので、
好きなだけむしって入れます。
ミントとか、バジルみたいな感じのや、特に味のない葉っぱなど。

そして、ライムを力の限りギュゥゥーーーっと絞って、爽やかおいしい!


(別の店のカオソーイ)

あと、デフォルトでパクチーのミックスされた野菜も乗ってくるのですが
明らかにラオス人ではない私たちには、
みなさん親切に「パクチー入れる?」とジェスチャーで聞いてくれます。

やさしい!

ちなみに私はパクチー嫌いです。
だってあれ、カメムシ味というか、絶望の味がするから。



店先の肉みそ。手前がパクチーなどがミックス状態のもの。

別のカオソーイやさんでは、
揚げたカリカリとか、雷おこしみたいなのも入れて食べるようでした。

口がパサパサする感じは好みでないので、食べませんでしたが。

ちなみに、地○の歩き方に載っている、サブローというカオソーイやさんは
閉店したみたいですよ。行ったのに無駄足でした。。

もうひとつ、激うまだったのは、「カオピャック」。

こちらは、すんごい柔らかい米の麺(細いうどん状)。

注文したら、ニンニクを揚げる香りがふわーっと漂ってきて、
食欲をそそられて、出てきたのがこちら。




写真をみると、なんだか薄味な感じに見えますが (^^;
これがスープも何もかも美味しいのです。

スープはとろんと、とろみのあるタイプで、
揚げニンニクのいい香りがしつつも、全体的に優しい味です。

お腹こわしてどうしようもなくなったら、食べるべき一品です。

こちらは、もやしをたくさん入れて、暑い中ハフハフしながら食べました。

どれも150〜300円くらい。

あーー。また食べたい!!



※適当に入った青空レストランというか、ゲストハウスの付属食堂みたいなところは、
 超イケてないカオソーイでした。インスタントみたいな。
 やっぱり、店先の鍋でおばちゃんが麺をゆでてるようなところで食べるべき。


1

tadoruhi トップページ

↓web shopはこちらから




♪アメブロでもここと同じ内容のブログを公開しています。↓

Category

近ごろのこと

コメント

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

今までのこと

Profile

書いた記事数:75
最後に更新した日:2016/04/10

search

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM