水の記憶

2016.01.17 Sunday | たどる映画
こんにちは。

今日は南米チリのドキュメンタリー映画、
「真珠のボタン」を見てきました。


チリは南北に細長い、海岸線が4000キロもある国。

海を自由に行き来する、水のノマド(遊牧民)と
呼ばれる先住民族がいて、
雨がたくさん降る地方や、
氷河が海に突き出しているところもあり、
水とは切っても切れない関係です。

その水に記憶があるのなら、
先住民族の悲しい歴史や、
最近の独裁政権の犠牲になった人々のことも
全て記録されているでしょう。

という、宇宙的な規模のドキュメンタリーでした。

真珠のボタンとは、ボタンと交換で「未開」のチリから「文明」のイギリスへ連れて行かれた
ひとりの男性のことからついたタイトルです。

映像がとても美しくて、自然の音も心地よくて、
人間の愚かさとあまりに対称的だなあと、
映画館を出て思いました。



 


tadoruhi トップページ

↓web shopはこちらから




♪アメブロでもここと同じ内容のブログを公開しています。↓

Category

近ごろのこと

コメント

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

今までのこと

Profile

書いた記事数:75
最後に更新した日:2016/04/10

search

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM